ブログ初心者に徹底的に寄り添うやさしいサイト

【ブックマーク必須】ブログ収益化の道のり丸わかり記事

【導入済】ブログ解析ツール公開!分析方法とその効果は?

 
【導入済】ブログ解析ツール公開!分析方法とその効果は?
この記事を書いている人 - WRITER -
ブログとライターで生活しています。2017年からブログ開始。28歳まで月収10万円のフリーターでした。趣味は野球観戦。

ブログがなかなか成長したいので、改善したいです。分析が大事って聞くんですが、どうしたらいいのでしょうか?

ブログ初心者のタケ

こんな疑問をブログ歴3年のタケがどんな分析ツールを使って、どんな指標を見ているのかを踏まえつつ解消します。

分析の概要をざっくりまとめますと、

タケが主にやっている分析方法
  • アナリティクスの「PV」「サイト滞在時間」分析
  • Seach Consoleを使った検索順位とクリック率分析
  • Rank Trackerによる検索順位チェック
  • タグマネージャーによるリンククリック分析

このような分析を行っており、当記事は「記事を分析によって改善したいブログ初心者のあなたに向けた記事」となっています。

記事を改善したいブログ初心者さんは、ぜひ最後までお読みください。

【記事執筆者のブログ実績】

トレンド系ブログで 月29万PV(Googleアドセンス11万)
27万PV(Googleアドセンス13万円)が最初の大きな収益。
最高月収42万円
2019年ブログ年収270万円

その後、トレンド系を卒業し、 
副収入サイトや投資ブログ、野球ブログ(趣味系ブログ)も運営

文字入力しかできない状態からスタートしたブロガーです。
ブログ初心者向けの少人数制ブログゼミも運営中。

ブログ解析ツールは絶対に必要〜分析しないとサイトは改善しない〜

もし、あなたがブログ運営を始めて3ヶ月以上経っているのだとすれば、ブログ分析は絶対に必要です。

ブログ分析によってわかることは多く、分析によっていろんな改善ができました。

【分析をやってよかった点】

  • ページ滞在時間が短い記事の滞在時間を1分伸ばすことができた
  • リライトによって、検索上位表示ができた
  • キーワード選定の間違いを修正することができた
  • どのリンクがクリックされていて、どのリンクがクリックされていないかがわかるようになった

分析をすることによって、ブログ全体の質が明らかに向上します。

目に見えて悪いところがわかるようになるので、ブログ分析ツールを使いこなせないとブログで収益化できないと断言してもいいでしょう。

では、具体的にどのようなツールを入れて、どう分析しているのかを紹介していきます!

ブログ解析ツール〜Googleアナリティクスの分析〜

Googleアナリティクスではいろんな指標があり、様々な分析ができます。

その中でもよく見る数字は

  • PV数
  • ページ滞在時間
  • 直帰率(優先度はやや低め)

この3つです。

順番に解説していきます。

PV数

どの記事に PVが集まっているかをチェックするのはとても重要です。

ただ、ブログ運営初期はPV数が集まっていない可能性が高く、見ると落ち込むだけ。

なので、ブログ開設から1ヶ月ほど経ってからチェックするようにしましょう。

【アナリティクスPV数分析のポイント】

  • 最初の1ヶ月ぐらいはアナリティクスを気にする必要はない
  • どの記事にPV数があるのかを把握する
  • 流入元(SNSか検索か)をしっかり把握する

記事ごとのPV数の分析は「行動」「サイトコンテンツ」「すべてのページ」と進んでいけばわかります。

さらに、「セカンダリディメンション」→「行動」→「ページタイトル」と進めば記事タイトルも表示されるようになります。

「行動」の中にある「ページタイトル」をクリックすると↓

アナリティクス

記事タイトルがあった方が見やすいので、活用してみてください。

このあと紹介する滞在時間や直帰率などもこのページで分析できます。

滞在時間分析

ブログを分析する上で、サイト滞在時間が重要です。

滞在時間が短いブログ=読む価値があまりないブログと判断されてしまうので、滞在時間をできるだけ長く伸ばせるようにしましょう。

アナリティクス

サイト全体の継続時間は「ホーム」で確認することができます。

そして、大事なのは記事ごとの滞在時間を把握することです。

サイト滞在時間分析
  • サイト全体の滞在時間はざっくり把握しておけばOK
  • 記事単体のサイト滞在時間はしっかり把握する
  • PV数が多い記事の滞在時間は優先的に把握しリライト
  • サイト滞在時間1分以下なら要改善

そして、PV数が多い記事から優先的に滞在時間を伸ばすために対策を加えていきます。

初心者さんの目安は1分〜1分半、上級者になると3分ほどの人もいるとかいないとか。

1分以下だと少し短いので、まずは1分以上を目標にしてみてください。

【滞在時間を伸ばすための施策】

  • 検索意図に沿ったコンテンツの挿入
  • 上位記事にある内容と自分の記事との比較し、不足している部分を足していく
  • リード文の見直し
  • 関連記事の内部リンク追加

直帰率

直帰率に関してはネガティブな一面とポジティブな一面があるので、一概に低い方がいいとは言えないんですが、基本は低い方がいいです。

具体的には

直帰率について
  • アフィリエイトリンクから遷移した→OK
  • 「戻る」ボタンでGoogle検索に戻ってしまった→NG

検索エンジンに戻ってしまうタイプの離脱のされ方はNGだという理解でOK。

直帰率を見ただけではそこはわからないので、「直帰率は低い方が基本はいいけど、気にしない方がいいケースもある」ぐらいに留めておいていいです。

滞在時間の方を優先していきましょう。

具体的なリライト方法は以下のとおりです。

【直帰率を下げるための施策】

  • リード文の強化
  • 見出しの文言を魅力的に変える(見出しの言葉が目次に反映され、その目次で興味を持ってもらえる)
  • 検索意図に即したコンテンツの追加

直帰率90%以上になっている場合はリライトしましょう。

初心者の方はひとまず70%台が1つの目標です。

【直帰率より重視していること】

ユーザー、セッション、PV数に差があるかどうかを重要視

  1. ユーザー、セッション・PV数がすべて100→1記事読んで全員が離脱
  2. ユーザー50、セッション70、PV数100→1人平均2記事読んでいる

②の方がリピーターがいて、ファンになってくれる可能性が高い

ブログ解析ツール〜Seach Consoleの分析〜

Seach Consoleでの分析はかなり重要なので、絶対に外すことはできません。

記事の検索順位が決定するのが2ヶ月〜3ヶ月なので、最低でも記事を公開した3ヶ月後にはSeach Consoleで分析するようにしましょう。

Seach Consoleが使えないと、記事の上位表示は難しいです。

では、どのような指標を見ているのか解説していきます。

掲載順位を分析する

Seach Consoleを見ると掲載順位が表示されています。

これでGoogleで何番目に表示されているかがわかるんですが、この数値は直近の順位ではありません。

掲載順位は平均
  • 28日間→28日間の平均順位
  • 3ヶ月間→3ヶ月間の平均順位

小数点があるのは平均順位だからです。

最新の順位を確認するには表示された単語で、Google検索してみましょう!

検索はシークレットウィンドウで行うと正確な数値が見れます。(シークレットウィンドウじゃなくてもだいたいは一致します)

【最新の検索順位をチェックする】

「仕事が安定しない」を例にチェックしてみました。

掲載順位は1.1です。

検索した時点では2位になっていることがわかります。

表示回数を分析する

表示回数は検索したユーザーが記事タイトルに目に触れた回数だと思っていただいて構いません。

例えば、先ほどの例ですと↓

このタイトルを目にした人が1人いれば、表示回数「1」です。

掲載順位によっても左右され、仮に掲載順位が100位の場合は表示回数がかなり低い数字になるか「0」になるでしょう。

掲載順位が上の方が当然ながら、表示回数も多くなります。

ここでは掲載順位が一桁のものを例にしました↓↓

過去28日間の表示回数ですが、「219」のものもあれば「3010」のものもあります。

この数字が極端に低いと、検索需要がないと判断でき、アクセス数は伸びません。

表示回数の見方
  • 検索10位以内で28日間の表示回数が100以上あれば、悪くない数字
  • 表示回数「10」などの場合は需要がないキーワードだと言える

表示回数があまりにも少ない場合はキーワード選定でミスしていることになるので、選定を見直す必要があります。

【キーワード選定に関する記事はこちら】

ブログ初心者が意地でも知っておきたい記事の書き方10選

CTRのチェック

CTRはクリック率のことです。

この図の表示回数が3010でクリックが1304なので、CTRが43.3%となっています。

表示回数に対してどれだけクリックされたかがわかる数字です。

おおよその目安は以下の表の通りとなっています。

検索順位クリック率
1位25%前後
2位15%前後
3位10%前後
4位8%前後
5位7%前後
詳細:Why (almost) everything you knew about Google CTR is no longer valid

ちなみに、8位〜10位は2%ほどです。

この数字と比較して、極端に低い数字の場合は改善するようにしましょう。

クリックされない原因は基本的にタイトルにあるので、検索した人の興味が湧く様なタイトルにする必要があります。

Seach Consoleを使った詳しいリライト手順は以下の記事に詳しくまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

【Seach Consoleを使った詳しいリライト記事はこちら】 

ブログのリライト効果を最大限にする方法【サーチコンソールで失敗回避】

ブログ解析ツール〜Rank Trackerの分析〜

ブログ解析ツール〜Rank Trackerの分析〜

Rank Trackerは検索順位を表示してくれるツールです。

記事数が多くなるとSeach Consoleだけで管理するのが大変になってくるので、Rank Trackerで管理します。

また、順位チェックツールとして、GRCというのもあります。

2つの順位チェックツール
  • Rank Tracker:Macユーザー向け
  • GRC:Windowsユーザー向け

これらを使い分けるといいです。

ちなみに、ぼくはこの順位ツールを月収20万円を超えるまでは使っていませんでした。

全部Seach Consoleでチェックしていってもなんとかなりますが、順位チェックツールはあった方が便利です。

キーワードがたくさん出て来るようになった時に使えるツールです。

一覧になるので、かなり楽チンですね!

この順位を毎日チェックしていくわけですが、Seach Consoleだと毎日1記事ずつチェックするのは大変です。

なので、Rank Trackerを使ってチェックしています。

初心者の方でまだ検索順位がつくかつかないかの人は必要ないかも。お金も掛かるので、キーワードが増えてきたら導入。Windowsの人はGRC

タケ

ブログ解析ツール〜Googleタグマネージャーの分析〜

ブログ解析ツール〜Googleタグマネージャーの分析〜

あなたの記事のリンクがどれくらいクリックされているのか知りたくありませんか?

  • 内部リンクが実際にクリックされているのか知りたい
  • アフィリエイトリンクがどれくらいクリックされているか知りたい

こんな方におすすめの解析ツールがGoogleタグマネージャーです。

やや細かい分析になるので絶対に導入しないといけないわけではないですが、1日のPV数100を超えてきた時ぐらいに導入を検討してみてください。

Googleタグマネージャーを導入するメリット

Googleタグマネージャーを使うメリットはリンククリック数を把握できることです。

深い分析をしたい人におすすめとなっていて、「イベント数」としてクリック数を把握することができます。

この数がクリックされた数です。

ぼく自身完璧な数を把握しているわけではなく、ざっくりとした数値で分析しています。

ざっくりとした数値を把握
  • 1日100PVある記事のアフィリエイトリンクのクリック数が10
  • その数をどう改善していくかを考える
  • 複数商品を紹介している場合はどの商品が最もクリックされているかわかる

1週間ごとにリンクの位置を変えたりしながら、検証作業をしていくことも可能です。

リンククリック数がわかるといろんな解析ができるようになるので、記事の改善につながっていきます。

【リンククリック分析でわかること】

  • PV数があるのにリンクがクリックされていない→リンクの位置や誘導が悪い
  • リンクがクリックされているのに成約に至っていない→広告主ページが悪いか、ライティングに問題あり
  • リンクの文字を変更して、クリックのされやすさを検証することも可能

Googleタグマネージャー導入方法

Googleマーケティングプラットフォームにアクセスして、そこから設定していきます。

少し設定が複雑ではあるんですが、詳しい導入方法はジュンイチさんという方がが記事でわかやすく解説してくださっています。

複数記事にまたがっていますが、記事を順番に読んでいただければわかるようになってますので、安心です。

若干レベルが高めの分析になりますが、ここで差ライバルにをつけることができますので、ぜひ挑戦してみてください。

タグマネージャーでの分析

導入したら分析していきます。

Googleアナリティクスの「イベント」→「概要」とクリックすると、以下のような画面に移り変わります。

イベントカテゴリに「内部リンク」「外部リンク」があるので、分析したい方をクリック。

今回は外部リンクを見てみます↓

  • イベントアクション:リンクがクリックされた記事が見れる
  • イベントラベル:どのリンクがクリックされたかが見れる

この辺りは実際にいじっていただければわかるかと思います。

まずイベントアクションですが、「イベントアクション」をクリックすると記事リンクが出てきますので、その記事のリンクをクリックすると記事ごとの分析ができます。

これでどのリンクが何回クリックされたかがわかります。

例えば、上の画像だと「SIMロック解除」の外部リンクが多くクリックされていて、アフィリエイトリンクのクリック回数が若干少ないです。

なので、「一度公式サイトに飛んでもらって、そこからSIMロック解除の方法を確認してもらうような記事構成にすれば、アフィリエイトリンククリック率が上がるかもしれない」と考えることができます。

イベントラベルも同様に分析していくことができるので、どのリンクがどの記事で何回クリックされているかを分析してみてください。

まとめ:ブログ解析ツールで分析して、初心者ブログから脱皮しよう!

まとめ:ブログ解析ツールで分析して、初心者ブログから脱皮しよう!

これらのブログ解析ツールを使うと一段階上のブログを作ることができます。

逆に、分析をやらずに放置してしまうと、ブログのレベルを上げていくことができません。

ブログ分析一覧
  • アナリティクスで「PV数」「滞在時間」をチェックして改善する
  • Seach Consoleで「掲載順位」「表示回数」「CTR」をチェックする
  • Rank TrackerやGRCで検索順位を手軽にチェックする
  • タグマネージャーでどのリンクがクリックされているかを分析する

分析をすることによって、ブログのレベルを確実に上げることができます。

もし、まだブログ記事の分析をやっていないという方はこの記事の方法で、分析してみてくださいね!

この記事を書いている人 - WRITER -
ブログとライターで生活しています。2017年からブログ開始。28歳まで月収10万円のフリーターでした。趣味は野球観戦。

★オープンチャット開始★

初心者ブロガーさんと楽しく成長するLINEオープンチャットです!

質問、記事添削、ZOOM勉強会などでブログを向上できます。

★少人数制の初心者ブログサポート★

4時間超えの限定動画コンテンツ、ZOOMによる個別相談可能

有料コンテンツの無料閲覧も可能です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA