稼ぐブロガーは全員やっている「記事を書かない」作業工程大全

パスワード付限定コンテンツが見れる2大サポート

ゼミ

ZOOMでブログ相談ができる!ブログ個別サポートWEBインカム構築ゼミ

キーワード選定最新戦略!マナブさんの方法だけでは今物足りない理由

 
キーワード選定最新戦略!マナブさんの方法だけでは今物足りない理由
この記事を書いている人 - WRITER -
ブログとライターで生活しています。2017年からブログ開始。28歳まで月収10万円のフリーターでした。趣味は野球観戦。

キーワード選定のやり方は毎年変わっています。

基本的な部分は変わりません。

  • ラッコキーワードでのキーワード抽出
  • キーワードプランナーによる需要把握
  • キーワード分類

ここは今もやります。

ですが、このリサーチだけだと「企業が参入していない新ジャンルでしか上位表示が取れない状態」になるのは明白です。

要するに、ブログで成果が出なくなります。

では、一般的なブロガーが上位表示を取るにはどうしたらいいのでしょうか?

この記事では今通用するキーワード選定方法と必要なツールを解説します。

【運営者タケ(@takeuchigoro)のプロフィール】

プロフィール

※ わからないところはTwitter(@takeuchigoro)にDMとかで聞いてね!
記事をわかりやすく変えたりできるので、タケにもメリットありです。

 

2020以降ブログ・ライター・投資で生活中

2017年ブログ開始
収益1万円突破まで1年以上掛かるも、現在ブログ収入で生活中。

あなただけの戦略を提案するブログサポート実施中!

【絶対に損しない】初心者向けが素早く稼げるブログ運営術はこちら

【大前提】キーワード選定は毎年やり方が変わると言っても過言ではない

【大前提】キーワード選定は毎年やり方が変わると言っても過言ではない

キーワード選定はやり方がどんどん変わります。

この記事を最初に書いたのは2022年ですが、2019年とか2020年のやり方ではもう通用しません。

あなたが見ているキーワード選定に関する記事が何年にできたものなのかは絶対に把握しましょう。

私は2017年からブログ運営していますが、これまでのキーワード選定の流れは下記です。

  1. 2017年〜2018年:ライバルサイトよりも長い記事を書いていれば上位表示
  2. 2019年:ラッコキーワード+キーワードプランナー+ライバルサイトより長い記事
  3. 2020年:2019年の方法より圧倒的なリサーチが必要に。
  4. 2021年以降:出回っている方法だけでは上位表示困難に(運次第)

キーワードプランナーで100~1000のキーワードを選ぶ手法がネットでは主流です。

ただ、リサーチがそこで止まってしまうと上位表示は運次第になります。

偶然上がるのか狙ってあげるのか天と地の差があり、狙って上位表示するにはより精密なリサーチが必要です。

キーワード選定はマナブさんの動画のやり方より今は精密なリサーチが必要

キーワード選定のやり方は毎年変わっています。  基本的な部分は変わりません。  ラッコキーワードでのキーワード抽出 キーワードプランナーによる需要把握 キーワード分類 ここは今もやります。  ですが、このリサーチだけだと「企業が参入していない新ジャンルでしか上位表示が取れない状態」になるのは明白です。  NFTとかWeb3.0とかのジャンルがいい例です。  では、一般的なブロガーが上位表示を取るにはどうしたらいいのでしょうか?  この記事では今通用するキーワード選定方法と必要なツールを解説します。  【運営者タケのプロフィール】  プロフィール 2017年(28歳)まで月収10万フリーター そこから、ブログ運営開始。 1年間ほぼ稼げなかったものの、2年でブログ生活ができるまでに成長。 趣味は野球観戦と投資。  初回無料のブログ相談実施中!  【初回無料】ブログ悩み相談はこちら WordPressブログ開設代行などサポート一覧はこちら 目次 [非表示]  1 【大前提】キーワード選定は毎年やり方が変わると言っても過言ではない 2 キーワード選定はマナブさんの動画のやり方より今は精密なリサーチが必要 3 キーワード選定に必要なマナブさんが紹介したもの以外のツール・手法 4 キーワード選定ツールの使い方〜ラッコキーワードからUbersuggstまで〜 5 キーワード選定を直接伝授してます!動画勉強版もあり 【大前提】キーワード選定は毎年やり方が変わると言っても過言ではない  【大前提】キーワード選定は毎年やり方が変わると言っても過言ではない キーワード選定はやり方がどんどん変わります。  この記事を最初に書いたのは2022年ですが、2019年とか2020年のやり方ではもう通用しません。  あなたが見ているキーワード選定に関する記事が何年にできたものなのかは絶対に把握しましょう。  私は2017年からブログ運営していますが、これまでの流れを見ると下記のようになります。  2017年〜2018年:ライバルサイトよりも長い記事を書いていれば上位表示 2019年:ラッコキーワード+キーワードプランナー+ライバルサイトより長い記事 2020年:2019年の方法より圧倒的なリサーチが必要に。 2021年以降:出回っている方法だけでは上位表示困難に(運次第) キーワードプランナーで100~1000のキーワードを選ぶ手法がネットでは主流です。  ただ、リサーチがそこで止まってしまうと上位表示は運次第になります。  偶然上がるのか狙ってあげるのか天と地の差があり、狙って上位表示するにはより精密なリサーチが必要です。  キーワード選定はマナブさんの動画のやり方より今は精密なリサーチが必要  マナブさんのキーワード選定はあくまで基本です。  YouTubeでやり方が公開されている以上、企業や個人ブロガーのほとんどが採用しています。  ということは、マナブさんの動画のやり方だけでは上位表示が難しいのです。  ラッコキーワードとキーワードプランナーでは全然足りない キーワード選定の基本的な手順は下記です。  ラッコキーワードにキーワードを入力する キーワードプランナーで需要調査 キーワードを分類する 検索意図を満たした記事を書くのは当然として、上記のやり方ではリサーチ不足です。  2020年の前半ぐらいまでなら、このやり方で検索上位を網羅できました。  実際私は2018年〜2019年にかけて、めちゃくちゃ参考にしました。  でも、2021年以降は違います。  このやり方では検索上位を取るのはかなり難しいでしょう。  みんなやり出したから上位を取れなくなった インフルエンサーの人が動画を出したり、情報が溢れたりするとみんなそのやり方をやります。  なので、キーワードプランナーを使うのはもはや当たり前で、キーワード分類も当たり前。  となると、そのやり方で上位表示できるかどうかは運次第になります。  今、検索上位を取れてないブロガーは「他の人のやり方を参考にしているのに、上手くいかない!」と思っているはずです。  もっと深いリサーチが必要だからです。  ライターを多く雇う企業ブログの存在 上位表示を狙うのが難しくなった理由はライターを雇う企業の存在があります。  マナブさんのやり方でキーワード選定して、ライターを雇ってゴリ押しするパターンですね。  私もライターをやっていますが、このやり方はかなり強力です。  企業ブログの強さ ドメインパワーが強い 1ヶ月に100記事以上仕上げる 個人ブログの上位表示記事は狙われる 多く出ている手法がキーワードプランナーで100~1000を狙おうという手法ですが、2021年以降その手法をやるのは時代遅れと言わざるを得ません。  厳密に言うと、100~1000のキーワードを選ぶこと自体はいいが、さらなるリサーチが必要だということです。  キーワード選定に必要なマナブさんが紹介したもの以外のツール・手法  キーワード選定に必要なマナブさんが紹介したもの以外のツール・手法 キーワード選定に必要なツールは下記です。  Ubersuggest(Google Chrome拡張機能版) 目視確認の重要性アップ この2つができないと、上位表示の確率は一気に上がります。  Ubersuggest(Google Chrome拡張機能版) 拡張ツール「Ubersuggest」は現状のキーワード選定では必須です。  サイトのアクセスするものではなく、拡張ツールがないと作業スピードが上がらないので、拡張ツール版を導入しましょう。  キーワード選定はGoogle Chromeで行います。  Google Chromeを使う Ubersuggestを導入・有効化 検索してドメインパワーをチェック Ubersuggestを導入すると、検索した時に「Domain Authority」が出てきます。  この数値は数ある数値の中でもかなり参考になる数値で、この値が20を超えるサイトばかりが検索1ページ目に出てくる場合はノーチャンスの可能性大。  10前後か1桁の値が検索1ページ目に複数出る場合は狙う価値があります。  より重要になってきている目視確認 キーワード選定のツールが知れ渡っている以上、ツールで人に差をつけるのが難しくなってきました。  しかし、ツールがあるのが逆にチャンスになっている現状もあります。  ツールを重要視しすぎて、ライバルサイトを目視確認する人が減ってきているんです。  キーワード選定で最後に重要なのは「目視」で、経験を積むとライバルサイトを見て勝つ負けるの判断ができるようになります。  目視に関しては運営しているブログのジャンルや取り扱っている案件によって、大きく左右されます。  個別にやり方を知りたい方は個別ブログサポート「WEBインカム構築ゼミ」をご活用ください。  ここからはキーワード選定ツールの使い方を確認していきます。  キーワード選定ツールの使い方〜ラッコキーワードからUbersuggstまで〜  キーワード選定ツールの使い方〜ラッコキーワードからUbersuggstまで〜 キーワード選定ツールの使い方をまとめました。  ある程度いじっていれば、誰でも使えるぐらい操作的には難しくありません。  ブログ運営には必須なので、早めに使えるようにしましょう。  ラッコキーワードで抽出 ラッコキーワード ラッコキーワードは検索窓にキーワードを入力するだけで、検索されている単語を一覧にしてくれる便利ツールです。  「全キーワードコピー」をクリックすると、抽出したキーワードがコピーできます。  コピーしたキーワードをキーワードプランナーに貼り付けるのが基本的な操作です。  キーワードプランナーは10~100でもいい(精密な値ではないから) ラッコキーワード キーワードプランナーの検索流入は100~1000を狙うのが基本です。  ただ、10~100を除外するのはもったいない!  10~100でもこれから需要が上がっていくジャンルなら検索回数は増えますし、ライバルブログの数も大幅に減ります。  選定の優先順位 検索ボリューム100~1000のキーワード 10~100も除外しない 最後は実際にGoogle検索して判断 10~100のキーワードでかなり稼いだキーワードもあります。  「100~1000優先」「10~100も狙う」という意識で取り組みましょう。  拡張ツールUbersuggstの見方 拡張ツール「Ubersuggest」を有効化にした状態で、Google検索するだけでOK。  「毎日 100円 投資」で検索した結果が下記です。  ubersuggest検索結果 50以上ばかりが並んでいますが、目安は検索1ページ目に1桁〜10前後の記事が複数あることです。  Domin Authorityが20とか30とか50とかのキーワードは狙ってはいけません。  この方法でキーワード選定していくと「全然キーワードが見つからない!!」となるはず。  でも、それは仕方がないことで、キーワードはなかなか見つからないのが当たり前。1日探しても見つからないなんてことは普通です。  それだけキーワード選定作業しないと、現状上位表示は難しいということ。  ほとんどのブロガーはキーワードプランナー調査だけで終えてしまってますので、稼ぎたいなら一歩先のリサーチを心掛けましょう。  目視確認は重要 Domin Authorityが1桁や10前後の記事が多く出ているキーワードの記事を1つずつ目視確認します。  ざっくりとした見た目(案外重要) どれくらい記事数がありそうか? 関連記事はどれくらいあるか? 特化ブログか雑記ブログか? 更新は現在もあるか?ストップしているか? これらのポイントをチェックしますが、初心者の場合は判断が難しいでしょう。  なので、基本的には記事を書いていきます。  ドメインパワー1桁のブログには記事内容で負けることがないように、「ライバルサイトに勝つ意識」が重要です。  記事作成に慣れてきたら、ライバルサイトのチェックも綿密にやっていきましょう。  キーワード選定を直接伝授してます!動画勉強版もあり  キーワード選定も直接伝授してます!動画勉強版もあり 個別ブログサポート「WEBインカム構築ゼミ」ではキーワード選定の手順を1から伝えてます。  効率がいいキーワードの見つけ方 不具合時の対処方法 ライバルサイトの目視確認チェックの詳細 成約に最も近づく商標ブログ記事(商標ブログ)の考え方 個人でもできる被リンク獲得方法(ゼミ生には被リンクプレゼント) キーワード選定に関しては商材だけで伝えている人は多いですが、私はZOOMでの相談を通じて直接伝えています。  商材もいいんですが、売るだけで終わるのがどうしても嫌だったんですよね。  ただ、ZOOMでの相談が嫌だという人もいるかと思いますので、商材も用意しています。  ブログの成果を早く出すための極意を「他のブログコンサルよりも圧倒的に安く」提供してますので、ぜひご活用ください。

マナブさんのキーワード選定はあくまで基本です。

YouTubeでやり方が公開されている以上、企業や個人ブロガーのほとんどが採用しています。

ということは、マナブさんの動画のやり方だけでは上位表示が難しいのです。

ラッコキーワードとキーワードプランナーでは全然足りない

キーワード選定の基本的な手順は下記です。

  1. ラッコキーワードにキーワードを入力する
  2. キーワードプランナーで需要調査
  3. キーワードを分類する

検索意図を満たした記事を書くのは当然としても、上記のやり方ではリサーチ不足です。

2020年の前半ぐらいまでなら、このやり方で検索上位を網羅できました。

実際私は2018年〜2019年にかけて、めちゃくちゃ参考にしました。

でも、2021年以降は違います。

このやり方で検索上位を取るのはかなり難しいでしょう。

みんなやり出したから上位を取れなくなった

インフルエンサーの人が動画を出したり、情報が溢れたりするとみんなそのやり方をやります。

なので、キーワードプランナーを使うのはもはや当たり前で、キーワード分類も当たり前。

となると、そのやり方で上位表示できるかどうかは運次第になります。

今、検索上位を取れてないブロガーは「記事のやり方を参考にしているのに、上手くいかない!」と思っているはずです。

もっと深いリサーチが必要だからです。

ライターを多く雇う企業ブログの存在

上位表示を狙うのが難しくなった理由はライターを雇う企業の存在があります。

マナブさんのやり方でキーワード選定して、ライターを雇ってゴリ押しするパターンですね。

私もライターをやっていますが、このやり方はかなり強力です。

企業ブログの強さ
  • ドメインパワーが強い
  • 1ヶ月に100記事以上仕上げる
  • 個人ブログの上位表示記事は狙われる

多く出ている手法がキーワードプランナーで100~1000を狙う手法ですが、2021年以降その手法をやるのは時代遅れと言わざるを得ません。

厳密に言うと、「100~1000のキーワードを選ぶこと自体はいいけど、さらなるリサーチが必要」だということです。

キーワード選定に必要なマナブさんが紹介したもの以外のツール・手法

キーワード選定に必要なマナブさんが紹介したもの以外のツール・手法

キーワード選定に必要なツールは下記です。

  • Ubersuggest(Google Chrome拡張機能版)
  • 目視確認の重要性

この2つができないと、上位表示の確率は一気に上がります。

Ubersuggest(Google Chrome拡張機能版)

拡張ツール「Ubersuggest」は現状のキーワード選定では必須です。

サイトにアクセスするものではなく、拡張ツールがないと作業スピードが上がらないので、拡張ツール版を導入しましょう。

キーワード選定はGoogle Chromeで行います。

  1. Google Chromeを使う
  2. Ubersuggestを導入・有効化
  3. 検索してドメインパワーをチェック

Ubersuggestを導入すると、検索した時に「Domain Authority」が出てきます。

この数値は数ある数値の中でもかなり参考になる数値で、この値が20を超えるサイトばかりが検索1ページ目に出てくる場合はノーチャンスの可能性大。

10前後か1桁の値が検索1ページ目に複数出る場合は狙う価値があります。

より重要になってきている目視確認

キーワード選定のツールが知れ渡っている以上、ツールで人に差をつけるのが難しくなってきました。

しかし、ツールを重要視しすぎるあまり、チャンスの芽も出てきています。

ツールを重要視しすぎて、ライバルサイトを目視確認する人が減ってきているんです。

キーワード選定で最後に重要なのは「目視」で、経験を積むとライバルサイトを見て勝つ負けるの判断ができるようになります。

目視に関しては運営しているブログのジャンルや取り扱っている案件によって、大きく左右されます。

個別にやり方を知りたい方は個別ブログサポート「WEBインカム構築ゼミ」をご活用ください。

ここからはキーワード選定ツールの使い方を確認していきます。

目視は経験がなせる技。条件に合ったサイトを1つ1つ見ていく作業が大切。

タケ

キーワード選定ツールの使い方〜ラッコキーワードからUbersuggestまで〜

キーワード選定ツールの使い方〜ラッコキーワードからUbersuggstまで〜

キーワード選定ツールの使い方をまとめました。

ある程度いじっていれば、誰でも使えるぐらい操作的には難しくありません。

ブログ運営には必須なので、早めに使えるようにしましょう。

ラッコキーワードで抽出

ラッコキーワード

ラッコキーワードは検索窓にキーワードを入力するだけで、検索されている単語を一覧にしてくれる便利ツールです。

「全キーワードコピー」をクリックすると、抽出したキーワードがコピーできます。

コピーしたキーワードをキーワードプランナーに貼り付けるのが基本的な操作です。

キーワードプランナーは10~100でもいい(精密な値ではないから)

ラッコキーワード

キーワードプランナーの検索流入は100~1000を狙うのが基本です。

ただ、10~100を除外するのはもったいない!

10~100でもこれから需要が上がっていくジャンルなら検索回数は増えますし、ライバルブログの数も大幅に減ります。

選定の優先順位
  1. 検索ボリューム100~1000のキーワード
  2. 10~100も除外しない
  3. 最後は実際にGoogle検索して判断

10~100のキーワードでかなり稼いだキーワードもあります。

「100~1000優先」「10~100も狙う」という意識で取り組みましょう。

拡張ツールUbersuggstの見方

拡張ツール「Ubersuggest」を有効化にした状態で、Google検索するだけでOK。

「毎日 100円 投資」で検索した結果が下記です。

ubersuggest検索結果

50以上ばかりが並んでいますが、目安は検索1ページ目に1桁〜10前後の記事が複数あることです。

Domin Authorityが20とか30とか50とかのキーワードは狙ってはいけません。

この方法でキーワード選定していくと「全然キーワードが見つからない!!」となるはず。

でも、それは仕方がないことで、キーワードはなかなか見つからないのが当たり前。1日探しても見つからないなんてことは普通です。

それだけキーワード選定作業しないと、現状上位表示は難しいということ。

ほとんどのブロガーはキーワードプランナー調査だけで終えてしまってますので、稼ぎたいなら一歩先のリサーチを心掛けましょう。

目視確認は重要

Domin Authorityが1桁や10前後の記事が多く出ているキーワードの記事を1つずつ目視確認します。

  • ざっくりとした見た目(案外重要)
  • どれくらい記事数がありそうか?
  • 関連記事はどれくらいあるか?
  • 特化ブログか雑記ブログか?
  • 更新は現在もあるか?ストップしているか?

これらのポイントをチェックしますが、初心者の場合は判断が難しいでしょう。

なので、基本的には記事を書いていきます。

ドメインパワー1桁のブログには記事内容で負けることがないように、「ライバルサイトに勝つ意識」が重要です。

記事作成に慣れてきたら、ライバルサイトのチェックも綿密にやっていきましょう。

キーワード選定を直接伝授してます!動画勉強版もあり

キーワード選定も直接伝授してます!動画勉強版もあり

個別ブログサポート「WEBインカム構築ゼミ」ではキーワード選定の手順を1から伝えてます。

【内容】

  • 効率がいいキーワードの見つけ方
  • 不具合時の対処方法
  • ライバルサイトの目視確認チェックの詳細
  • 成約に最も近づく商標ブログ記事(商標ブログ)の考え方
  • 個人でもできる被リンク獲得方法(ゼミ生には被リンクプレゼント)

キーワード選定に関しては商材だけで伝えている人は多いですが、私はZOOMでの相談を通じて直接伝えています。

商材もいいんですが、売るだけで終わるのがどうしても嫌だったんですよね。

ただ、ZOOMでの相談が嫌だという人もいるかと思いますので、動画版検索上位を勝ち取る「ドメパ選定式」キーワード選定」も用意しています。

ブログの成果を早く出すための極意を提供してますので、ぜひご活用ください。

【ドメパ式キーワード選定を動画で完全公開】

ドメパ式キーワード選定完全版が公開。

動画で収録しており、真似するだけでキーワード選定がマスターできます。

実際のサイト例を踏まえて、キーワード選定を徹底解説します。

\ZOOMで直接相談できる!初回相談無料/
個別ブログサポート詳細はこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
ブログとライターで生活しています。2017年からブログ開始。28歳まで月収10万円のフリーターでした。趣味は野球観戦。

一度はチェック!3つの収益化加速コンテンツ

① あなただけの戦略を提案!個別ブログサポート

ゼミ

ネット上のノウハウを見ても、ブログが進まない原因は
「あなたに合ったやり方じゃないから」

今のあなたに必要なことを2017年からのブログ経験からご提案します。

無料おためしあり!ブログのオンラインサポート「WEBインカム構築ゼミ」

② 3ヶ月で在宅初報酬!超速ライターラボ

【返金保証あり】3ヶ月でガッツリ稼ぐWebライター講座「超速ライター養成ラボ」

3ヶ月間毎週ZOOMでサポートして、稼ぐライターを目指します。
1万円稼げなかった場合は全額返金保証!

【返金保証あり】3ヶ月でガッツリ稼ぐWebライター講座「超速ライター養成ラボ」

③ 稼ぐブロガーはやっている!記事を書かない作業工程大全

記事を書かない作業工程大全

稼げる記事かどうかは記事を書く前に決まっています。
稼げないブロガーはとりあえず記事を書く、稼ぐブロガーはそうじゃない。

その違いをこのコンテンツから掴みませんか?

【即実行可能】稼ぐブロガーが最初の1ヶ月でやる「記事を書かない」作業工程大全




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Copyright© タケのブログゼミ , 2022 All Rights Reserved.