【ブックマーク必須】初心者ブロガーのチェックリスト

ConoHa WINGとSWELLでブログを始める方法【全5ステップ】

ConoHa WINGとSWELLでブログを始める方法【全5ステップ】

多くの初心者が挑戦する「ConoHa WING×SWELLのブログ運営方法」を5ステップで紹介します。

この記事の順番で作業すれば、サーバー契約からSWELL導入まで完了し、記事が書き始められます。

絶対にやってはいけないミスもあるので、順番通りにやるのが大切です。

では、ConoHa WING×SWELLでブログを開設する手順を紹介します。

【運営者タケのプロフィール】

タケのプロフィール

2017年ブログ開始、現在フリーランス。
最初1年は成約0件も、その後収益化
一緒にブログで稼ぎましょう!

\初心者歓迎!操作方法から戦略まで全てをサポート/

※ このブログがよかったら、ブックマークお願いします!

たった52記事で月9万円を達成したゼミ生「ダイ」さんとの対談動画(クリックで開きます)
目次

ConoHa WINGをSWELLでブログを始める方法5ステップ

ConoHa WINGをSWELLでブログを始める方法5ステップ
ConoHa WINGを契約するサーバー契約の手順を解説
SWELLを購入するSWELL購入手順を解説
WordPressへSWELLをインストールするインストール手順を解説
プラグインを設定する必要なプラグインを解説
挙動が不自然じゃないか確認する挙動の確認を解説

上記5ステップでConoHa WINGとSWELLのブログが完成します。

途中で他のページに飛ぶと作業がどこまで進んだかわからなくなるので、一気に作業を完了させるのがおすすめです。

ConoHa WINGに契約する

まずはConoHa WINGに契約しましょう。

動画を貼ったので、動画をみながら下記の手順で進んでください。

  1. ConoHa WINGへアクセスする
  2. メールアドレス登録(1分)
  3. プラン選択(1分)
  4. 個人情報入力(2分)
  5. クレジット情報入力(1分)
  6. 確認事項(2分)

上記の作業が終わったら、個人情報を入力し、SNS認証を完了します。

動画ではWordPressテーマを導入していますが、今回はSWELLを導入するので、この段階ではWordPressテーマはインストールしません。

動画に通りに進んで、WordPressの開設を完了させましょう。

※ 動画内の初期設定「プラグインの設定」の部分はやらないようにしてください。

SWELLを購入する

ConoHa WINGでの契約が完了したら、SWELLを購入しましょう。

購入までの手順は下記です。

  1. SWELL公式サイトへ移動する
  2. 「購入する」をクリックする
  3. クレジットカード支払いを完了する
  4. メールを確認する
  5. 会員制サイトへ登録する
  6. SWELLと子テーマを両方購入する

大事なのはSWELLの親テーマと子テーマ2つのファイルをダウンロードすることです。

SWELLダウンロード画面

会員制サイトでは、このようなダウンロード画面になっています。

赤枠の2つをパソコンのわかりやすい場所にダウンロードしましょう。

ダウンロードしたファイルをアップロードして、SWELL導入が完了します。

WordPressへSWELLをインストールする

WordPress管理画面に戻って、次の手順でインストールしましょう。

  1. 「外観」をクリック
  2. 「テーマ」をクリック
  3. 「新規追加」をクリック
  4. 「テーマをアップロード」をクリック
  5. 「ファイルを選択」をクリック
  6. 「swell」のchildがついてない方を選択し、今すぐインストール
  7. 「swell_child」をインストール
  8. swell_childを有効化

swell_childを有効化しないと、アップデートの度に設定変更が初期化されてしまいます。

とても重要な箇所なので、間違えないようにしましょう。

有効化が完了したら、ダッシュボードの左上のサイトタイトルの部分をクリックします。

swell導入後のサイト確認

もともとのサイトから画面が切り替わっていれば、OKです。

「切り替わっているかわかんない…」という方は、「外観」→「テーマ」でSWELL CHILDが有効化になっているか確認しましょう。

【SWELL CHILDに「有効」の文字】

SWELL CHILDの有効の文字

プラグインを設定する

SWELLを導入した後は、プラグインを設定します。

私が主に使っているプラグインは下記です。

  • SEO SIMPLE PACK
  • WP Multibyte Patch
  • XML Sitemap & Google News
  • WP Revisions Control
  • BackWPup
  • Contact Form 7
  • EWWW Image Optimizer
    →常時有効化だと不具合になる可能性あり。画像をアップするときだけ有効化
    →私が不具合になったケースはありません。

プラグインに関しては「推奨プラグインと非推奨・不要・注意すべきプラグインについて」に記載されています。

随時情報が更新されるので、公式サイトを確認してください。

挙動が不自然じゃないか確認する

サイトのいろんな箇所をクリックするなどして、挙動が不自然じゃないか確認しましょう。

間違って設定していないか、もう1度確認します。

確認作業やWordPress開設作業に不安がある方に向けて、サポートも行っています。

有料にはなりますが、設定に不安がある方は、ぜひご利用ください。

WordPress開設サポート

【WordPress開設サポート】

「WordPressの開設がわからない」
「やり方が合っているか確認してほしい」

失敗できないWordPress開設をサポートしています。
間違った状態でブログ運営を進めてしまうと、致命的な事態になりかねません。

不安がある方は、開設サポートをご利用ください

ConoHa WING×SWELLでブログを始めるメリット

ConoHa WING×SWELLでブログを始めるメリット

ConoHa WING×SWELLでブログを始めるメリットは大きく3つあります。

  • 操作が簡単
  • デザイン性
  • 更新頻度が高い

初心者の方にとって、重要なポイントなので、チェックしましょう。

操作が簡単

SWELLは比較的操作が簡単なテーマです。

少し細かい話にありますが、今のWordPressはブロックエディターを採用しています。

なので、ブロックエディターに対応しているテーマを使うのが重要です。

  • SWELL:ブロックエディター対応
  • 他のテーマ:非対応のテーマもある

最近はブロックエディター対応のテーマも増えてきましたが、非対応のテーマもまだ存在します。

SWELLは操作しやすいので、とてもお気に入りです。

デザイン性

SWELLはかっこいい感じのデザインをほぼ編集なく、初期設定で作れます。

色を変える程度の作業だけで、他は初期設定のままでも運用できるのがSWELLの魅力です。

初心者ブロガーさんが一番やらないといけないのが記事執筆。

  • 記事執筆以外の作業:成果から遠のく
  • 記事執筆に集中する:成果に近づく

大事なのは記事執筆で、SWELLはその記事執筆作業に集中できます。

デザインは良くても、設定に時間がかかるようなWordPressテーマは初心者に不向きです。

操作が簡単なWordPressテーマを選ぶのが大きなメリットになります。

更新頻度が多い

WordPressテーマの更新頻度が多いのもSWELLのメリットです。

常にネットの世界は進化するので、WordPressテーマのアップデートも必要になってきます。

アップデートが全く行われないテーマもあり、そのようなテーマはだんだん廃れていってしまいます。

  • SWELL:アップデートの頻度が頻繁。不具合にすぐ対処
  • アップデートが少ないテーマ:不具合が長続きする。古くなって使いにくくなる

ワードプレステーマの更新頻度は極めて重要です。

SWELLの更新頻度はとても頻繁で、安心できます。

更新頻度は大事。3つのメリットの中で、特に重要かも。デザインや操作の簡単さは安定感あり

まとめ:ConoHa WINGとSWELLは初心者ブロガーが始めやすい方法

まとめ:ConoHa WINGとSWELLは初心者ブロガーが始めやすい方法
ConoHa WINGを契約するサーバー契約の手順を解説
SWELLを購入するSWELL購入手順を解説
WordPressへSWELLをインストールするインストール手順を解説
プラグインを設定する必要なプラグインを解説
挙動が不自然じゃないか確認する挙動の確認を解説

この記事では、ConoHa WINGを契約して、SWELLでブログを始める方法を紹介しました。

順番通りに進めるだけで、かっこいいデザインのサイトが見つかります。

また、SWELLのサポート体制は充実しており、会員登録後には過去に寄せられた質問も見られます。

初心者にもやさしい始め方で、上級者でもConoHa WINGとSWELLで運用している人は多いですよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次