稼ぐブロガーは全員やっている「記事を書かない」作業工程大全

【即実行可能】稼ぐブロガーが最初の1ヶ月でやる「記事を書かない」作業工程大全(購入版)

【即実行可能】稼ぐブロガーが最初の1ヶ月でやる「記事を書かない」作業工程大全

この度は「【即実行可能】稼ぐブロガーが最初の1ヶ月でやる「記事を書かない」作業工程大全」をご購入いただきありがとうございます。

当コンテンツの本題に入っていきますが、最後にプレゼントもあります。

ぜひそちらも早めに読んでいただいて、プレゼントを受け取っていただけたら嬉しいです。

では、改めて本題に入ります。

購入前にもご覧いただいたように、ブログ運営で大事なのは収益ポイントです。

収益ポイントなしに記事を積み上げていっても、それほど大きな収益にはなりません。

ブログで一番よくある失敗が収益ポイントを決めずに記事を積み上げていってしまうことで、収益がなかなか発生しないなんてことが起こってしまいます。

なので、稼ぐブロガーは最初に収益化ポイントを複数決定します。

具体的に最初の1ヶ月でやる作業をまとめますと、

  1. まず収益化ポイントを複数決める
  2. その収益化ポイントに向かってくれそうな読者を想定する
  3. ②のような読者を集められるようなキーワード選定を行う
  4. 収益化ポイントになる商品やサービスを実際に試す

ざっくりとこんな流れで、これらの作業が終わった後に記事を書き始めます。

記事を書く前にこれだけの段階を踏むんです。

なので、だいたい1ヶ月ぐらいは記事を書きません。(人によっては1週間だったり2週間だったりしますが)

とにかく記事を書く前の準備段階が大事なんです。

ただ、もうすでに記事を書いてしまっている人も問題ありません。

少し立ち止まって、収益ポイントを作りましょう!

では、ここからは収益化ポイントを設定する方法を見ていきます。

収益化ポイントを設定する

記事を書き始める前に絶対にやらなきゃいけないことがあります。

  1. ASP案件で紹介できる広告を最低5つは決める
  2. 自分で商品を作ってみる(案を練るだけでOK)

ASP案件で紹介できる広告を決めるのは絶対です。

そして、自分の商品をも視野に入れておいてください。

ただ、いきなり自分の商品を作るのは少し難しいので、最初は案を練るぐらいでOKです。

自分の商品案を練りつつ、ASP案件の収益化ポイントを探します。

ブログ初心者の方はASP案件がメインの収益ポイントとなるはずです。

収益ポイントで重要なこと

収益ポイントを決めたら、そこから戦略を練っていくわけですが、重要なことは書いた記事がすベて「収益ポイントにつながっているかどうか」です。

1記事も無駄にしてはいけません。

ブログのPV数はただ単に増えればいいというわけではないんですね。

その収益ポイントに到達する読者をどれだけ集められるかが勝負になってくるんです。

  • 筋トレブログに副業ブロガーのアクセスしか集まらない
  • 子育てブログなのに、子どもがいない人のアクセスしか集まらない

目先のいいねやリプにとらわれて、目的を見失ってしまうとこういったことが普通に起こります。

では、それを避けるにはどうすればいいのか?

そこでやっておきたいのが「収益化ポイントに全てを向かわせる戦略」です。

収益化ポイントの具体例

ここで私の収益化記事を例にお話しします。

1万円を10万円・100万円に増やす超確実な方法!ブログ初心者がWordpressで収益化するための全手法は収益を発生させる記事です。

前者は投資の案件やポイントサイトのアフィリエイトになっていて、後者はサーバー開設やASP、WordPressテーマが収益ポイント。

具体的には

収益ポイント
  • funds
  • クラウドバンク
  • モッピー
  • ポイントタウン
  • サーバー契約
  • ASP
  • WordPressテーマ

こういった収益ポイントで収益化しています。

概要にあった9000円の案件もこの中に含まれており、8000円や6000円といったかなり高単価案件もこの中にあります。

ポイントサイトとASPの案件はかなり安めの案件ですが、それ以外の案件は1ヶ月に10件売れれば、月5万円ぐらいになるものばかりです。

そして、収益化ポイントを探すには先ほども書きましたように、ASPをくまなく見て回ることが大切です。

記事書きより優先して、ASP

「毎日記事を書いてて、ASPを見る時間がない!」

という人がいると思いますが、優先すべきはASPです。

この順序が逆な人が結構多い気がします。

「記事を書いてるせいで、ASPを見る時間がない場合」は必ずASPチェックを優先してください。

毎日ひたすらASP案件を見ていきます。

他にもたくさんありますが、まずはこの3つでOK。

これだけでもかなりたくさん案件があり、見て回るのが大変なはずです。

慣れてきたら、以下のASPにも登録するようにしてください。

  1. A8.net
  2. もしもアフィリエイト
  3. afb
  4. バリューコマース
  5. アクセストレード
  6. Link-A
  7. インフォトップ
  8. TCS-affiliate

ASP案件の見方

基本的な見方は以下のとおりです。

ASP案件の見方
  1. 自分の書いているブログジャンルで探す
  2. 1000円以上の案件を探す(高単価なほどいい)

この2つを重視してみましょう!

広告に関してはできるだけ数多くの広告を見た方がいいです。

稼ぐブロガーほど数多くの広告を知っていて、稼げない人ほどどんな広告があるか知りません。

最近のブロガーさんは記事の質が高いので、差がつくのは記事の質よりもASP案件を知ってるか知ってないかの要素が大きいです。

ぼくの場合は以下のようにWordPressの下書き記事に広告と内部リンクをまとめて管理しています。

※ 他にも提携してる案件はたくさんあります。

管理方法はなんでもいいんですが、とにかくどんな案件があるかを一覧ですぐに見れるようにしておくのがオススメ。

最低でも5個以上は広告を確保しておくことが大切で、紹介できる広告の数が多ければ多いほど有利です。

記事を書くときは常に広告を意識して書くようにしましょう!

広告にすべての記事を向かわせる

収益ポイントが決まったら、その収益ポイントに誘導できる記事をどんどん書いています。

ブログ初心者がWordpressで収益化するための全手法を例に挙げるとこんな感じです。

  • お小遣い稼ぎをする方法→ブログを紹介→内部リンク
  • 副業にどんなものがあるのか?→ブログを紹介→内部リンク
  • 1万円を在宅収入で増やす方法→ブログを紹介→内部リンク
  • 貯金を増やす方法→ブログを紹介→内部リンク
  • 人生を変える方法→ブログを紹介→内部リンク

無駄な記事は1つも必要ありません。

すべての記事が収益ポイントに向かっていることがとても大事です。

ただ、強引に誘導するのはNG

  1. 「副業にどんなものがあるのか?」という記事を書く
  2. 「いろんな副業」をその記事で紹介
  3. 「一番稼げたのはブログでした」などと書き、「ブログ初心者がWordpressで収益化するための全手法」に誘導

文章はもう少し練り込まないといけませんが、上の仕組みが全ての基本です。

わかりやすくするために、簡潔にまとめさせていただきました。

そして、もう一度言います。

すべての記事が収益化ポイントに向かっていることが重要で、無駄な記事は1つも必要ありません。

これぐらいの意識で書いてちょうどいいです。

イメージすべきはこれです。

この例では「ブログ初心者がWordPressで収益化するための全手法」のまわりに5つしかありませんが、この数を増やしていくイメージで記事を積み重ねていきます。

ここまでのポイント
  • 収益ポイントを決めるのが最優先
  • ASP案件のチェックが記事書きより優先
  • 収益ポイントに向かわない記事は必要なし
  • 広告案件は一覧で見れるようにしておく

収益化ポイントから読者想定

収益化ポイントが決まって、ようやく記事執筆の準備です。

その時にやらないといけないのは読者想定。

やってしまいがちなミスは「子育て便利グッズを紹介しているブログなのにブログ運営記録を書いてしまう」といったミスです。

致命的なミスになりかねない

子育て便利グッズを紹介しているブログなのにブログ運営記録を書いてしまう」というミスは致命傷になりかねません。

信頼を失ってしまうからです。

これはGoogleアドセンスにしか収益化ポイントがないのが大きな原因。

  1. Googleアドセンスが収益ポイントなので、PV数をとにかく増やそうと考えてしまう。
  2. 子育てブログなのに、ブログ運営記事を書いてしまう
  3. ブログ運営の記事はいいねがつきやすく、「反応がある」と勘違いしてしまうが、成約に至る読者かどうか十分に判断しないといけない

※ 言葉を選ばずに言いますと、収益記事は邪魔になる可能性が高い

よくよく考えてみてください。

子育てグッズ紹介ブログなのに「私の広告収入は月1万円でした!」みたいな記事を書いてしまっているわけです。

それを見た瞬間に読者は離れていってしまうと思いませんか?

いくら他の子育て記事が素晴らしいものであったとしても、そのたった1記事で読者は離れていってしまうものです。

想定読者のズレは短期的なアクセスが稼げたとしても、長期的には足を引っ張ってしまう可能性が高いダメな記事だと言えます。

はっきり言って、非常に危険です。

ぼくのブログは「ブログで稼ぎたい人向けのブログ」なので収益を載せていますが、筋トレブログを仮に運営してたとしたら、収益実績は絶対に書きません。

筋トレブログには筋トレの実績を書くべきです。

ブログジャンルと実績
  • ブログの始め方:ブログでの実績
  • 筋トレブログ:筋トレでの実績
  • 子育てブログ:子育て実績

Twitterなどをやってるとブログ運営実績の記事にいいねが大量につくことがあります。

しかし、それは大きな罠だということに気づかないといけません。

ブログ実績記事にいいねをつけているのは同期のブロガーであったりします。

その人は見込み客なのでしょうか?

収益ポイントがしっかりしていれば、それに気づくことができます。

それに気づければ、ブログ実績を書いていいかは判断できるはずです。

短期的ないいねの数やアクセスの数に惑わされないようにしましょう!

収益化ポイントにつながる読者想定をしっかりする

ここからは具体例をもとに、読者想定をしていきましょう。

「サーバー契約」につながるような読者想定をしてみたとすると、

【サーバー契約の読者想定】

  1. 年齢:20代後半男性
  2. 仕事:サラリーマン
  3. 今どんな状態か:副業で生活費を増やしたい。将来のお金に不安を持っている。パソコンは持っていて、毎日使っているからブログはできそうだと思っている
  4. どう変わりたいと思っているか:なんでもいいので、在宅収入が欲しい
  5. 結婚か独身か:結婚はしていない

→このような読者を自分のブログで、どうやっていい人生・生活に導くかを考える

当たり前のことですが、「サーバー契約が必要だ」と思ってもらえれば成約するわけですよね。

なので、サーバー契約をすることによって、どんないい未来が待っているのかを提供していくことが大事になってきます。

読者を収益ポイントに導くには「よりいい人生になりそうだ。いい生活ができそうだ」と実感できるような情報提供が必要になります。

  • ブログ収益を増やすにはサーバー契約が必要だ
  • 手間が少ないのはこのサーバーだ
  • この人が使ってるサーバーなら間違いないだろう

このように思ってもらう必要があります。

この考え方はどのジャンルでも同じです。

もう一度上の黄色で囲った5つの項目をしっかり考えてみてください。

「今よりよくなるかも!」と思ってもらえれば、成約率はグッと上がります。

ちょっとしたワーク(サーバー契約案件)

ワーク

ぼくのブログ記事の中に「ブログ初心者が意地でも知っておきたい記事の書き方10選」という記事があります。

この記事はサーバー契約する読者を獲得できるでしょうか?

これがワークです。

少し考えてみてください。(答えは下にあります)

・・・・・

答えは「NO」です。

ブログ記事の書き方に関してはブログをすでに開設した人が見る記事であり、サーバー契約には直接影響しません。

「ブログに詳しそうだな」と思ってもらうための記事であり、この記事を書いたからといって、サーバー契約に直接つながらないわけですね。

  • 「記事の書き方解説」はすでにブログを開設した人が見る記事であり、サーバー獲得案件に直接影響しない
  • 「ブログ詳しそうだな」と思ってもらうための記事にすぎないと理解しておく
  • このような想定読者の「若干のズレ」を常に意識しておく

ぼくの場合は「ブログの知識がある人なんだなと思ってもらえればいい」と思って書いてますが、サーバー案件を本気で狙う人が「記事の書き方解説」をたくさん書いても成約しません。

サーバー開設案件で集めるべき読者は「これからブログを始めたい」「ブログを始めるか悩んでいる」「ブログの始め方を知りたい」人たちです。

  • 人生を変えたい人が知っておきたい家での稼ぎ方
  • ブログをするか迷ってる人へ伝えたい3つのこと

→→WordPressブログの始め方解説へ誘導

こういった記事の流れがサーバー開設につながる流れです。

サーバー開設はすでにWordPressブログを始めている人向けの記事では成約しません。

常に「この案件はどんな読者を集めることで成約するのか」を考えておく必要があり、その上でキーワード選定を行っていきます。

想定読者を集められるキーワード選定を行う

サーバー契約ならサーバー契約してくれそうな読者を集めることが大事です。

単純なPV数ではありません。

もう一度言います。サーバー契約してくれそうな人のPV数が大事です。

そこを履き違えてしまうと、「PV数は増えているけど、なかなか収益化しないブログ」になってしまいますので、注意するようにしましょう。

ここまでで想定読者を決定していると思います。

その想定読者が検索しそうなキーワードをひたすら「ラッコキーワード」に打ち込んでいきます。

私が取り扱っている投資案件「クラウドバンク」で試しに検索してみました。

ラッコキーワード

キーワード選定についてはキーワード選定が難しいは嘘!初心者ができる「ドメパ式選定」のやり方公開で無料公開しています。

キーワード選定に関しては特別なテクニックを使っているわけではありません。

ただ、大事なのはキーワード選定に至るまでの読者想定。

ここをしっかりやっておかないとブログは迷走し、失敗する確率が高くなってしまいます。

何度も言いますが、イメージするべきは以下の画像です。

関連収益記事とキーワード

収益ポイントに向かって、無駄なく記事を量産することが大事です。

全部の記事が収益ポイントに向かっているイメージで、記事作成・キーワード選定を行っていきます。

無駄のない記事を毎日更新・100記事更新

よく「ブログを毎日更新しろ!」だとか「ブログを100記事更新しろ」みたいな意見がありますよね?

でも、大事なのは収益ポイントに向かった記事を量産できるかどうかです。

収益ポイントに向かってない100記事を書いても収益化のスタート地点にすら立てません。

大事なのでしつこく言います。

すべての記事が収益ポイントに向かっていることが大事です。

すでに記事を書いてしまっている人はこれから書く記事を修正していけば問題ありません。

キーワード選定のポイント
  • 想定読者をいかに集められるかが超重要
  • PV数ではなく、成約しそうな読者をいかに集められるかが大事
  • 収益ポイントにすべての記事が向かっていくイメージが重要

収益化ポイントになる商品やサービスを実際に試す

キーワード選定が完了したら、実際に商品を試してみることが大事です。

セルフバックが使える案件はセルフバックを使いましょう。

先ほど紹介した

これらのサイトで行うことができます。

そして、実際に商品をゲットしたら必ず写真を撮りましょう。

撮っておきたい写真
  • 開封前の写真
  • 開封後の写真
  • 実際に使っているときの写真

これらの写真をしっかり残しておくことで、記事の信憑性が増します。

内容の濃い記事も書けるようになるので、商品を試しておくことは極めて重要です。

A8.netの場合は「ログイン」→「セルフバック」で商品を試すことができます。

初心者の方ほど試す必要があるので、ぜひチャレンジしてみてください。

【ワーク】稼ぐブロガーが最初の1ヶ月でやる「記事を書かない」作業工程大全

ここまでの内容を最後はワーク形式にまとめました。

以下のことを1ヶ月間で実践してみてください。

人それぞれペースがありますので、早く終わりそうな場合は前倒ししていただいて構いません(遅すぎるのはNGです)

大事なのは「以下のような順序」でやっていくことです。

【ワーク】

  1. 最初の1週間でASP(もしもアフィリエイトA8.netafb)をとにかく見る
  2. 紹介できそうな広告を最低5つは選定して、メモしておく(できれば単価1000円以上)
  3. 読者想定(1日)
    →年齢層
    →性別
    →何をやっている人か
    →その人をブログでどう導くか
    →成約させる案件から逆算して考える
  4. ③の読者を集めるキーワード選定をして、最低20個以上はタイトルと見出しを考える(1週間〜2週間)
  5. 実際に商品を試す
  6. 収益ポイントの向かう記事を無駄なく書いていく

これでだいたい1ヶ月以内に記事を書き始めることができます。

悩みまくると思いますが、最初に悩んでおくことが本当に重要です。

あとで痛い目を見ないためにも、上に挙げたことをしっかりやってきましょう!

記事を書いてからゴールを設定するのではなく、まずはゴールを設定です!

関連収益記事とキーワード

この図はあと100回出したいぐらい超重要。

しつこいですが、この図だけでも覚えていただければと思います。

そして、実際にぼくが作ったもっと細かいマインドマップはこちらです。

初心者の方はここまでたくさん書く必要がないかもしれませんが、それでも記事を書く前の準備は大事です。

そこがないままスタートすると、無駄な記事を量産してしまいます。

すべての記事を商品につなげる

すべての記事を商品につなげましょう。

間違ってはいけないのがすべての記事で商品を紹介するというわけではありません。

すべての記事で宣伝するとくどい感じになるので、収益が発生する記事に上手に誘導する意識が大切です。

【記事のイメージ】

記事C

記事A→収益ポイントA←記事B

記事D

記事G

記事E→収益ポイントB←記事F

記事H

記事K

記事I→収益ポイントC←記事J

記事L

すべての記事を商品の成約に向かわせます。

こちらをマインドマップ化したのが

関連収益記事とキーワード

この画像で、これを常にイメージしながら記事作成しています。

収益ポイントががっちり決まっていれば、記事作成しやすくなるので、まず真っ先に収益ポイントを決めることが大事です。

ワーク
  • 収益ポイントを決める→読者想定→キーワード選定の順番でやっていく
  • そこまでがしっかり完了したら、商品を試しつつ記事を書いていく

あとは記事を書いていくだけです。

ここまで長い文章にお付き合いいただきありがとうございます。

この記事の作業が終了したら、あとは記事を書いていくだけです。

キーワード選定でタイトルと見出しはある程度決まっているはずなので、そこに本文を肉付けしていきます。

収益ポイントも決まっているので、収益に向かってひたすら記事を書いていきましょう。

「売り込み要素が強くなりすぎること」だけに気をつけて、記事をどんどん積み上げることが大切です。

想定読者を明確にしているので、その読者を集めるための記事を書くことができるようになります。

要するに、無駄な記事が格段に減ります。

記事をたくさん書くことは重要ですが、収益に向かわない記事は極力書くのを避けるべきです。

「一見収益に向かってないような記事」でも「収益に向かった記事」にしておくことが大事。

収益ポイントに向かって、様々な仕掛けをするのがブログです。

稼ぐブロガーがやっている最初の1ヶ月間の準備をしっかりものにして、収益ポイントにつながる記事を無駄なく書いていきましょう!

感想特典あります!

最後にお願いです。

このコンテンツの感想をTwitterでツイートしていただくことはできませんか?

感想いただけた方には特典として、Goroプロジェクトというブログから被リンクを差し上げます。

上のリンクから感想をお願い致します。

感想を見つけ次第、特典のURLとパスワードをDMで送らせていただきます。

感想ツイート後、2日以上連絡がない場合は@takeuchigoroにDMいただけると幸いです。

ブログの戦略を構築して、稼ぐブログを作り上げましょう!

Copyright© タケのブログゼミ , 2020 All Rights Reserved.