【ブックマーク必須】初心者ブロガーのチェックリスト

SWELL導入手順まとめ

SWELL導入手順まとめ

最近人気となっているWordPressテーマSWELLの導入手順を解説します。

導入後は使いやすいサイトになってますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

WordPressテーマSWELLを導入する方法

WordPressテーマSWELLを導入する方法は下記です。

  1. SWELL公式サイトへ移動
  2. 「購入する」か「ダウンロード」ボタンをクリック
  3. 詳細を確認して、SWELLを購入するボタンをクリック
  4. クレジットカードで決済する
  5. 親テーマと子テーマを両方ダウンロードする
  6. WordPressへSWELLを導入
  7. プラグインを設定する

この手順で作業を進めていきます。

【SWELLの購入画面】

SWELL購入画面
SWELL購入画面

親テーマと子テーマの導入

クレジットカード決済までは公式サイトの手順で進めばできますが、そこから先が少し難しいです。

まず、購入した後に届くメールに会員限定サイトの案内があり、そこにSWELL製品ダウンロードが一覧となっています。

親テーマと子テーマの導入
  1. SWELLの会員サイトへ移動
  2. SWELL本体最新版をダウンロード
  3. 子テーマをダウンロード
  4. WordPress管理画面「外観」→「テーマ」→「新規追加」からファイルを選択をクリック
  5. 親テーマと子テーマ2つのファイルをアップロード
  6. 子テーマ「child」を有効化する

※ テーマ乗り換えの場合は乗り換えサポートラグインをダウンロード

【SWELL導入手順】

SWELL導入手順

SWELL導入時に最低限必要なプラグイン

WordPressの設定

動画の手順で進んでみてください。本文は動画の補完+プラグインのコピペ用です。

  • 「設定」→「一般」→「https」にする(初期設定でsがついている可能性大)
  • パーマリンク設定「投稿名」へ
  • ブログタイトル決まってれば、タイトルを記入

固定ページ作成

リンクがある記事はリンク先の文章をコピペし、運営者とメールアドレスを変更します。

プラグインの導入

プラグイン作業内容
Back Wp UP
→UpdraftPlusへ変更
「フォルダをバックアップ」
→「基本」→「毎日」→デフォルト時間を避け、作業しない時間帯に設定
EWWW Image Optimizer・「サイトを高速化」「保存スペースを節約」「今は無料モードのままにする」にチェック
・「メタデータを削除」「WebP 変換」にチェック、幅の上限「800」、高さの上限「0」に設定
WP Revisions Control「設定」→「投稿設定」
→WP Revisions Controlの設定を10で入力(数字は任意でもOK。最大50程度)
WPForms LitereChapchaの設定を行う
動画の手順で問い合わせフォームを作る
件名を追加
通知→スマートタグ→メールを追加
Xml sitemap & Google news表示設定のチェック欄をチェック
タクソノミー、カテゴリー・タブチェック。
投稿者を含めるを外す
投稿の分割「月」を選択
Yoast Duplicate Post有効化のみ
記事を複製できるプラグイン→複製しなければ、入れなくても良い
WP Multibyte Patch有効化のみ
WebSub (FKA. PubSubHubbub)有効化のみ
SEO SIMPLE PACK(SWELLを使う場合)SWELLのみ必要
「Feed page」をインデックスさせないにチェック
フロントページのディスクリプション(クリックしたくなる文章入力。あとでOK)
アナリティクスのIDを登録
SiteGuard WP Plugin
※ なくても良い
※ 有名なYouTubeリベ大などで推奨
有効化する
ログインURLが変化するので注意が必要(必ずブックマーク)
管理ページアクセス制限をオンにする

プラグイン名をコピペして、動画の手順で導入しましょう

サイドバーの変更

「外観」→「ウィジェット」から変更する

Googleアナリティクス・Search Consoleの導入

動画の手順でGoogleアナリティクスに登録して、測定IDを貼り付けます。

Cocoonの場合は動画の手順で、測定IDを設定してください。

SWELLのIDを貼る場所は下記です。

SWELLの測定ID添付場所
  1. 「 SEO PACK」をクリック
  2. 「Googleアナリティクス」をクリック
  3. GA4の部分に測定IDを貼り付け

→測定IDを取得するまでは、動画の手順と同じです。

Search Consoleは右側の欄にURLを入力し、「サイトマップ」から下記を入力します(全WordPressテーマ共通)

Search Consoleに入力する事項
  • ドメイン名/sitemap.xml
    →送信
  • ドメイン名/sitemap.xml.gz
    →送信
  • ドメイン名/feed
    →送信

→「成功しました」という表示で完了(時間が若干かかります)

デザインの設定

「外観」→「カスタマイズ」で可能

記事執筆が優先なので、デザインは必ず後からにする。

デザイン放置で、3日目以降の作業に移行していき、10記事程度書けた段階で、少しずつデザインを設定します

SWELLの場合は、初期のままでもデザインはそれなりに完成しているので、全く問題ありません。

具体的な入れ方は「WordPressブログ動画講座「プラグインを入れよう」編」でも解説してますので、参考にしてみてください。

SWELL使用時特有のプラグインの操作解説

SWELL使用時特有のプラグインに関して解説します。

変更ができない時はサーバーのWAF機能をOFFにしてから作業します。

SEO SIMPLE PACK

SEO SIMPLE PACKの設定方法は下記です。

  1. WordPress管理画面「SEO PACK」をクリック
  2. 「一般設定」→「基本設定」をクリック
  3. サイトのキャッチフレーズ、「フロントページ」のディスクリプションを記入
    →サイトの方向性がある程度固まってからでOK
    →狙いたいキーワードをある程度入れる
  4. 管理画面からOGP選定をクリック
    →サイトトップ画面の画像を決めます。(SNSなどの投稿に表示される画像です)
    →Facebook、Twitterアカウントを持っている場合はその設定もします。

いろんな設定項目はありますが、初期状態でも十分役割を果たしてくれますので、とりあえずは有効化しておくだけでOK。

サイトコンセプトが固まったら、入力するようにしましょう。

その他のプラグインに関する解説はSWELLで非推奨・不必要なプラグインと、推奨プラグインについてで解説されてますので、一度目を通してみてください。

詳細な設定は上記の公式サイトから確認していただけると、わかりやすいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次