動画で学べる月5万円ブログ収益化講座はこちら

WordPressプラグインのインストール方法と初期設定手順

 
Wordpressプラグインのインストール方法と初期設定手順
この記事を書いている人 - WRITER -
ブログとライターで生活しています。2017年からブログ開始。28歳まで月収10万円のフリーターでした。趣味は野球観戦。

プラグインをどうやって設定したらいいのかわかりません!教えてください!

タケ

という方に向けて、WordPressプラグインの初期設定を全て解説します。

プラグインはたくさんありますが、最低限のものだけ入れておけばOKです。

この記事の通りに設定すれば「プラグインの設定はOK」という状態になりますので、参考にしてみてください。

【記事執筆者タケのブログ実績】

トレンド系ブログで 月29万PV(Googleアドセンス11万)
27万PV(Googleアドセンス13万円)が最初の大きな収益。

2020年ブログ年収275万円
2020年在宅年収423万円

その後、トレンド系を卒業し、 
副収入サイトや投資ブログ、野球ブログ(趣味系ブログ)も運営

文字入力しかできない状態からスタートしたブロガーです。
公式LINEで質問OK!
ブログ初心者向け個別ブログサポートでガチサポート中

WordPressブログに必要なプラグインとそのインストール方法

WordPressブログに必要なプラグインのインストール

WordPressブログを運営する際に必要なプラグインは

必要なプラグイン
  • All in one SEO Pack(テーマによる)
  • AddQuicktag
  • Table of Contents Plus(テーマによる)
  • SiteGuard WP Plugin
  • BackWPup
  • Akismet Anti-Spam
  • Broken Link Checker
  • Contact Form 7(テーマによる)
  • PS Auto Sitemap
  • Google XML Sitemaps
  • WP Multibyte Patch
  • EWWW Image Optimizer
  • a3 lazy load
  • Autoptimize
  • WP Fastest Cache

これらを順番にインストールしていきます。

インストールするのは簡単で、「プラグイン」「新規追加」から行うことができます。

この手順でプラグインをインストールして、「有効化」をクリックすれば完了です。

まずは上にあるプラグインを全て有効化します。

完了したら、各プラグインの設定です。

「テーマによる」と書いたプラグインは当ブログおすすめテーマTHE・THORでは必要ありません。 

無駄なプラグインの設定が必要なく、プラグインの数を減らせるのでおすすめです。

THE・THORは初心者向けか?評価とメリット・デメリット解説!

WordPressブログに必要なプラグインの初期設定

では、ここからは各プラグインの詳細な設定方法について解説していきます。

All in one SEO Packの設定(最近は不要なものも)

All in one SEO Pack」はSEO対策の設定ができるプラグインです。

最近はWordPressテーマに搭載されていて、不要なものの増えてきました。(THE・THORを使っている方は不要です)

設定は以下の通りに行います。

【All in one SEO Packの設定】

「All in one SEO」「一般設定」をクリック

あとは画像の通りに設定してください。

画像にない部分はそのままの設定でOK!

そのあと「設定を更新」をクリックします。

次に「機能管理」をクリックして、以下のように設定します。

上のように設定すればOKです。

次に「ソーシャルメディア」をクリックします。

こちらも画像の部分だけ設定していただければOKです。

最後に「設定を更新」を押します。

AddQuicktagの設定

AddQuicktagは記事の入力が便利になるプラグインです。

このプラグインを使うことで、「吹き出し」「色枠」などが簡単に設置できるようになります。

【AddQuicktagの設定】

「プラグイン」→「AddQuicktag」→「設定」をクリック

このあと「設定を保存」をクリックします。

上の画像は「カラム」を例にしていますが、
吹き出しなどもここで登録しておくと呼び起こすのが早くなります。

Table of Contents Plusの設定

目次を作る時に使うのが「Table of Contents Plus」というプラグインです。

少し長くなってしまうので、目次の作り方は別記事で詳しく解説しています。

下記記事を参考にしてみてください!

SiteGuard WP Pluginの設定

サイトのセキュリティーを強化するプラグインで、基本的には有効化しただけでセキュリティーが強化されます。

なので、下記の設定だけすればOKです。

【SiteGuard WP Pluginの設定】

「SiteGuard」「ログインページ変更」

あとは「変更を保存」をクリックすればOKです。

変更後のログインページ名はメモしておかないとログインできなくなりますので、必ずメモとブックマークをしておきましょう。

Contact Form 7の設定

「Contact Form 7」は問い合わせフォームを設定するプラグインです。

【Contact Form 7の設定】

「お問い合わせ」をクリックします。

あとは以下の画像の部分だけ修正すればOKです。

その後、「固定ページ」「新規追加」と進み固定ページを作成します。

パーマリンクを「contact」と設定し、固定ページを公開してください。

固定ページのタイトルは「お問い合わせ」などわかりやすいもので構いません。

問い合わせフォームが完成したら、1回その問い合わせフォームから問い合わせてみて、上手くメールが届いたらOKです。

Akismet Anti-Spam

こちらはスパム対策のプラグインです。

プラグインを新規追加して、有効化した後はプラグインの画面から設定をクリックします。

設定をクリックした後は「Akismetアカウントを設定」と書いてあるので、そちらをクリック。

左の「Get started with Personal」をクリックします。

0円にしたことを確認し、必要事項を入力して、左下の青いボタンを押します。

その後、メールアドレスで確認がありますので、番号を入力しましょう!

ここに番号を入力すると、登録完了となり、メールアドレスあてにAPIキーが発行されます。

そのキーを以下の画像の赤枠をクリックして、コピペすれば終了です。

プラグインAkismet
プラグインAkismet

この後出てくる設定はそのままの状態で構いません。

Broken Link Checker

Broken Link Checkerはプラグインをインストールして、有効化するだけでOK。

ツールからリンクエラーを見ることができ、リンクエラーの数がわかります。

上の画像では1つ出ているので、そこを直す必要があるわけですね!

リンクエラーをクリックするとエラーが起きている記事が分かりますので、その記事を修正していけばOKです。

BackWPupの設定

サイトをバックアップしてくれるプラグインなので、導入しておきましょう!

やり方は以下の通りです。

【BackWPupの設定】

BackWPup」→「新規ジョブを追加」をクリック

※ 毎日3時になってますが、2時や1時など3時以外の深夜帯にしておきましょう(初期設定になったままのサイトが多いので、それを避ける狙い)

以上で設定完了です。

PS Auto Sitemapの設定

このようにサイトマップ を作るプラグインです。

まずは固定ページ「サイトマップ 」を作り、本文は入力せずに、パーマリンクを「sitemap」と設定→公開します。

その後の手順は以下の画像の通りです。

【PS Auto Sitemap 設定手順】

固定ページ「サイトマップ 」に戻り、
カスタムHTMLで貼り付け

これで記事更新すれば、サイトマップ をサイトに表示することができます。

Google XML Sitemapの設定

こちらはサイトマップ を作るプラグインです。

【Google XML Sitemapの設定】

「設定」→「 XML Sitemap」をクリック

あとは画像の部分を以下のように設定してください。(画像以外の部分はそのままでOK)

WordPressプラグイン設定
WordPressプラグイン設定
WordPressプラグイン設定

あとは「設定を更新」にすれば完了です。

サイトドメインに「/sitemap.xml」を加えると以下のようなサイトマップ が作成されます。

こうなったらOKです。

WP Multibyte Patchの設定

このプラグインは有効化するだけでOKなので、特段設定する必要はありません。

有効化したまま放置しておきましょう。

EWWW Image Optimizerの設定

【EWWW Image Optimizerの設定方法】

EWWW Image Optimizer
EWWW Image Optimizer
EWWW Image Optimizer
EWWW Image Optimizer

画像を圧縮してくれるプラグインで、サイト表示速度をアップできます。

サイトの表示速度はかなり重要になってきますので、EWWW Image Optimizerは必ず導入しておくようにしましょう。

設定手順は以下の通りです。

  1. プラグインを導入して有効化
  2. 「設定」→「EWWW Image Optimizer」を選択
  3. 上記画像のように選択する
  4. Doneをクリックする

2カラムの場合での画像設定ですが、1カラムで使用する場合はもう少し横幅広めがおすすめ。

ただ、基本的には2カラムで使用するはずなので、上記設定で問題ないでしょう。

Autoptimize

設定は下記画像の通りにしてください。

a3 lazy load

「a3 lazy load」も初期設定から変更する必要はありませんが、下記画像の部分だけ確認してみてください。

「プラグイン」→「a3 lazy load」から「setting」で確認できます。

WP Fastest Cache

「WP Fastest Cache」は下記画像のように設定していただければ問題ありません。

同じ設定にしていただければOKです。

まとめ:WordPressブログに必要なプラグインのインストール

まとめ:WordPressブログに必要なプラグインのインストール

WordPressの初期設定に必要なプラグインは以上です。

プラグインの数は多すぎない方がいいので、これだけあれば十分。

この記事のプラグインだけ最低限設定して、他の作業に移っていきましょう。

プラグインに時間をかけ過ぎるのではなく、大事なのは記事作成です!

この記事を書いている人 - WRITER -
ブログとライターで生活しています。2017年からブログ開始。28歳まで月収10万円のフリーターでした。趣味は野球観戦。

★初心者でも稼ぐブログ動画講座★

WordPress動画講座スタートしました。

ブログ開設〜成約までを総まとめ。

順番に勉強すれば、一段上のブログが完成します。

★個別ブログサポート実施中★

あなたのブログを徹底的に改善します。

1人1人に合った戦略をご提案。

全員を親身にサポートするため、限定30名の募集です。

Twitterでブログ情報を発信中

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA