タケのブログゼミ〜ブログ収入を初心者でも本気で稼ぐサイト〜

ブログ×ライターで2ヶ月目に3万円稼ぐ方法

パスワード付限定コンテンツが見れる2大サポート

ゼミ

ZOOMでブログ相談ができる!ブログ個別サポートWEBインカム構築ゼミ

WordPressプラグインのインストール方法と初期設定手順

 
Wordpressプラグインのインストール方法と初期設定手順
この記事を書いている人 - WRITER -
ブログとライターで生活しています。2017年からブログ開始。28歳まで月収10万円のフリーターでした。趣味は野球観戦。

プラグインをどうやって設定したらいいのかわかりません!教えてください!

タケ

という方に向けて、WordPressプラグインの初期設定を全て解説します。

プラグインはたくさんありますが、最低限のものだけ入れておけばOKです。

この記事の通りに設定すれば「プラグインの設定はOK」という状態になりますので、参考にしてみてください。

【記事執筆者タケのブログ実績】

2017年ブログ運営開始
ただのフリータ(月収10万円)から、3年でようやく年間276万円の収益
2021年最高月収51万円達成

ブログは1年間全く成果が出ず、苦しみました。
「ブログを始めたばかりの悩めるあなた」へ情報発信中。
個別にZOOMでブログを教える「タケの個別ゼミ
」運営

記事への質問はTwitter(@takeuchigoro)
(記事修正頻度に限界があるので、質問していただけると助かります)
1ヶ月で稼ぐブログに作り変えるLINE講座配信中

WordPressテーマによって必要はプラグインは違う

どのWordPressテーマを使っているかによって、使うプラグインが違ってきます。

プラグインについて、知っておきたいことは下記です。

【プラグイン関係の知識】

  • 完璧な正解は存在しない
  • WordPressテーマによって、入れるプラグインが違う
  • プラグインの数は少ない方がいい

私が個別でサポートを行なっている「タケの個別ゼミ」ではプラグインや設定のチェックも行っています。

そのチェックで気になった部分が上の知識です。

完全な正解がないというのを理解していただいた上で、自分自身に合ったプラグインを選んでください。

WordPressの設定も個別チェックできる

WordPressブログに必要なプラグインとそのインストール方法

WordPressブログに必要なプラグインのインストール

WordPressブログを運営する際に必要なプラグインは

必要なプラグイン
  • All in one SEO Pack(今はほぼ不要)
  • Table of Contents Plus(テーマによる)
  • SiteGuard WP Plugin
  • BackWPup
  • Invisible reCaptcha
  • Broken Link Checker
  • Contact Form 7(テーマによる)
  • XML Sitemaps
  • WP Multibyte Patch
  • EWWW Image Optimizer
  • a3 lazy load
  • Autoptimize
  • WebSub/PubSubHubbub
  • WP Fastest Cache

これらを順番にインストールしていきます。

インストールするのは簡単で、「プラグイン」「新規追加」から行うことができます。

この手順でプラグインをインストールして、「有効化」をクリックすれば完了です。

まずは上にあるプラグインを全て有効化します。

完了したら、各プラグインの設定です。

「テーマによる」と書いたプラグインは当ブログおすすめテーマTHE・THORでは必要ありません。 

無駄なプラグインの設定が必要なく、プラグインの数を減らせるのでおすすめです。

THE・THORは初心者向けか?評価とメリット・デメリット解説!

WordPressブログに必要なプラグインの初期設定

では、ここからは各プラグインの詳細な設定方法について解説していきます。

All in one SEO Packの設定(今はほぼ不要)

All in one SEO Pack」はSEO対策の設定ができるプラグインです。

最近はWordPressテーマに搭載されていて、不要なものの増えてきました。(THE・THORを使っている方は不要です)

設定は以下の通りに行います。

【All in one SEO Packの設定】

「All in one SEO」「一般設定」をクリック

あとは画像の通りに設定してください。

画像にない部分はそのままの設定でOK!

そのあと「設定を更新」をクリックします。

次に「機能管理」をクリックして、以下のように設定します。

上のように設定すればOKです。

次に「ソーシャルメディア」をクリックします。

こちらも画像の部分だけ設定していただければOKです。

最後に「設定を更新」を押します。

Table of Contents Plusの設定

目次を作る時に使うのが「Table of Contents Plus」というプラグインです。

少し長くなってしまうので、目次の作り方は別記事で詳しく解説しています。

下記記事を参考にしてみてください!

SiteGuard WP Pluginの設定

サイトのセキュリティーを強化するプラグインで、基本的には有効化しただけでセキュリティーが強化されます。

なので、下記の設定だけすればOKです。

【SiteGuard WP Pluginの設定】

「SiteGuard」「ログインページ変更」

あとは「変更を保存」をクリックすればOKです。

変更後のログインページ名はメモしておかないとログインできなくなりますので、必ずメモとブックマークをしておきましょう。

Contact Form 7の設定

「Contact Form 7」は問い合わせフォームを設定するプラグインです。

【Contact Form 7の設定】

「お問い合わせ」をクリックします。

あとは以下の画像の部分だけ修正すればOKです。

その後、「固定ページ」「新規追加」と進み固定ページを作成します。

パーマリンクを「contact」と設定し、固定ページを公開してください。

固定ページのタイトルは「お問い合わせ」などわかりやすいもので構いません。

問い合わせフォームが完成したら、1回その問い合わせフォームから問い合わせてみて、上手くメールが届いたらOKです。

Invisible reCaptcha

プラグインInvisible reCaptcha

まずはプラグイン「Invisible reCaptcha」を有効化してください。

その後、Google reCAPCHAにアクセスします。

プラグインInvisible reCaptcha
プラグインInvisible reCaptcha

ドメイン入力は「https://」不要です。

送信ボタンを押すと、「サイトキー」「シークレットキー」が表示されます。

そのコードをプラグインにコピーしていきます。

【コピー手順】

  1. WordPress管理画面:「設定」→「Invisible reCaptcha」とクリック
  2. サイトキーを「サイト鍵」にコピー
  3. シークレットキーを「秘密鍵」にコピー
  4. バッジ位置を「インライン」に設定
  5. 「変更を保存」をクリック

そのあとはサイトの保護設定をしていきます。

【WordPress保護設定】

【問い合わせフォームの設定】

Broken Link Checker

Broken Link Checkerはプラグインをインストールして、有効化するだけでOK。

ツールからリンクエラーを見ることができ、リンクエラーの数がわかります。

上の画像では1つ出ているので、そこを直す必要があるわけですね!

リンクエラーをクリックするとエラーが起きている記事が分かりますので、その記事を修正していけばOKです。

BackWPupの設定

サイトをバックアップしてくれるプラグインなので、導入しておきましょう!

やり方は以下の通りです。

【BackWPupの設定】

BackWPup」→「新規ジョブを追加」をクリック

※ 毎日3時になってますが、2時や1時など3時以外の深夜帯にしておきましょう(初期設定になったままのサイトが多いので、それを避ける狙い)

以上で設定完了です。

Google XML Sitemapの設定

こちらはサイトマップ を作るプラグインです。

【Google XML Sitemapの設定】

「設定」→「 XML Sitemap」をクリック

あとは画像の部分を以下のように設定してください。(画像以外の部分はそのままでOK)

WordPressプラグイン設定
WordPressプラグイン設定
WordPressプラグイン設定

あとは「設定を更新」にすれば完了です。

サイトドメインに「/sitemap.xml」を加えると以下のようなサイトマップ が作成されます。

こうなったらOKです。

WP Multibyte Patchの設定

このプラグインは有効化するだけでOKなので、特段設定する必要はありません。

有効化したまま放置しておきましょう。

EWWW Image Optimizerの設定

【EWWW Image Optimizerの設定方法】

EWWW Image Optimizer
EWWW Image Optimizer

「Save Setting」をクリックした後、「Done」をクリック

EWWW Image Optimizer

【変換】タブをクリック

EWWW Image Optimizer

画像を圧縮してくれるプラグインで、サイト表示速度をアップできます。

サイトの表示速度はかなり重要になってきますので、EWWW Image Optimizerは必ず導入しておくようにしましょう。

設定手順は以下の通りです。

  1. プラグインを導入して有効化
  2. 「設定」→「EWWW Image Optimizer」を選択
  3. 上記画像のように選択する
  4. Doneをクリックする

2カラムの場合での画像設定ですが、1カラムで使用する場合はもう少し横幅広めがおすすめ。

ただ、基本的には2カラムで使用するはずなので、上記設定で問題ないでしょう。

Autoptimize

設定は下記画像の通りにしてください。

a3 lazy load

「a3 lazy load」も初期設定から変更する必要はありませんが、下記画像の部分だけ確認してみてください。

「プラグイン」→「a3 lazy load」から「setting」で確認できます。

WP Fastest Cache

「WP Fastest Cache」は下記画像のように設定していただければ問題ありません。

同じ設定にしていただければOKです。

まとめ:WordPressブログに必要なプラグインのインストール

まとめ:WordPressブログに必要なプラグインのインストール

WordPressの初期設定に必要なプラグインは以上です。

プラグインの数は多すぎない方がいいので、これだけあれば十分。

この記事のプラグインだけ最低限設定して、他の作業に移っていきましょう。

プラグインに時間をかけ過ぎるのではなく、大事なのは記事作成です!

この記事を書いている人 - WRITER -
ブログとライターで生活しています。2017年からブログ開始。28歳まで月収10万円のフリーターでした。趣味は野球観戦。

★5年のブログ経験をあなたに。★

あなたのブログの相談に乗る個別サポート実施中。

1人1人に合った戦略を提案し、ブログを改善します。

ブログ開設前の方でもOKです。

★絶対損しない3ヶ月収入構築プログラム★

全額返金保証ありのブログ×ライター収入構築プログラムです。

たった3ヶ月の作業で、在宅収入を作ります。

本気で人生変えたい人向けの本気プログラムです。

【重要事項が一覧に】

初心者ブロガーが収入を得るまでの基本チェックリスト

Twitterでブログ情報を発信中

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA